魅力的なマンションの情報を収集するブログ

魅力的なマンションの情報を収集するブログ

魅力的なマンションについての情報のメモ書きみたいなブログです。時には雑談も交えます。気楽にどうぞ!

「レーベン大宮土呂BRIGHT MARKS」販売開始

f:id:fudousanhikaku:20190520224345j:plain

「レーベン大宮土呂BRIGHT MARKS」の5月16日より販売を開始しました。

「レーベン大宮土呂BRIGHT MARKS」は、JR宇都宮線(東北本線)、湘南新宿ライン上野東京ライン「土呂」駅徒歩4分という、交通利便性の高い立地に建っています。

生鮮食品、日用品を購入できる「東武ストパとろマイン」まで徒歩5分、大型ショッピングセンターの「ステラタウン」まで徒歩16分なので、生活利便性も高いです。

物件概要
名称 : レーベン大宮土呂BRIGHT MARKS
所在地 : 埼玉県さいたま市北区土呂町二丁目21番3、5(地名地番)
構造・規模 : 鉄筋コンクリート造・地上10階建
総戸数 : 27戸(他 管理事務室1戸)
間取り : 3LDK
住戸専有面積 : 64.84㎡~74.32㎡(MB面積含む)
駐車場 : 9台(平置 8台、車椅子使用者優先l台)使用料未定
駐輪場 : 54台(2段ラック式51台、平置3台)
バイク置き場 : 4台
URL : http://www.leben-style.jp/search/lbn-toro2/

引用:PRTIMES

マンション売却を成功に導くための3つのタイミングとは?

タイミング

マンション投資を行ううえで売却して利益を得る際は、売却のタイミングが非常に重要になります。タイミングの違いによっては、利益は大きく上下します。今回はマンション売却に適したタイミングについて考察したいと思います。

マンション売買の繁忙期を見極める

マンション売買の繁忙期は、成約件数が多く競争力があるので、価格が落ちにくいです。具体的には引っ越しが多い時期である2月、3月あたりがねらい目となります。

大規模修繕の実施前

マンションの中には修繕積立金の不足などで、大規模修繕計画がうまくいっていないケースもあります。もし自分が売却しようとしているマンションがそのケースに当てはまる場合、いらぬ出費が重なる場合があります。もしも大規模修繕の実施のタイミングで売却を考えている場合、大規模修繕が行われる前に思い切って売却したほうが出費が少なくなる場合があります。

東京オリンピックの開催時期

2020年に東京オリンピックが開催されます。実はこの東京オリンピックの開催が決定した直後に、都内、特に都心にある投資用のマンションの価格は上昇しています。つまり、都心にある投資用のマンションの売却を考えている場合、今現在が売却のタイミングとしてはふさわしい時期になります。ただ、東京オリンピックが閉幕するまで上昇を続ける可能性もあるため、なかなか決断に踏み切れないと思います。確実に言えるのは、東京オリンピックの前後の不動産市況は大きく変わるので、注意深くチェックしましょう。

まとめ

マンション売却を成功に導くためのタイミングについて紹介しました。もちろん、タイミングだけ知っていても、マンション売却を成功に導くのは難しいでしょう。総合的に情報を知る必要があるので、マンションを売却について総合的に知ることが出来るサイトを訪れて、情報を収集することも怠らないようにしましょう。

日本最初の鉄筋コンクリート造りのマンションは軍艦島の30号館

f:id:fudousanhikaku:20180918215858j:plain

軍艦島。正式名は端島と言いますが、この長崎にある小島は、無数の鉄筋コンクリート製の建物が乱立し、その異様な姿はまるで軍艦のように感じられるということで、いつしか軍艦島と呼ばれるようになりました。

この軍艦島はかつて5000人以上の人が暮らしていました。外周わずか1kmほどの小さな島にこれほどの人がなぜいたかというと、石炭が多く取れたからです。しかし、そんな小さな島に5000人分の家を一つ一つ用意するのは不可能です。

そこで考えられたのがマンションのような集合住宅でした。この形態であれば、5000人住むことも可能になります。こうしていくつか鉄筋コンクリート造りの集合住宅、現代でいうマンションが多く建つことになったのです。

軍艦島で一番最初に建てられた集合住宅は、1916年に建てられた、30号館で、グラバー邸のトーマス・ブレーク・グラバーと何らかの関わりがあるということで、通称グラバーハウスとも呼ばれている建物です。

高さは7階建てで、当時の日本の基準では相当高い建物だったはずです。ただ、日本初ということもあり、技術的にまだまだ未熟な部分も多く、それが原因で、当時の住人は相当苦労したそうです。例えば、屋上に排水溝がないため、雨が降ったとき、壁をつたって、水が部屋まで侵入したそうです。

こうして、この30号館を皮切りに、軍艦島にはどんどんコンクリート製の集合住宅が建てられていきました。しかし、そんな軍艦島の栄光も長くは続きませんでした。時代が移りかわるにつれ、次第にエネルギーの需要が石炭から石油に変わっていったのです。そして、とうとう1974年、その役目を終え、島の住人全てが退去することになりました。

ただ、島を立ち去る際は建物を取り壊すことなく、そのままの状態にしていました。そのため、全ての建物が廃墟状態になり、独特の雰囲気が形成されるようになっていったのです。現在は、廃墟ブームということもあり、多くの人が訪れ、また多くの人で賑わうようになりました。さらに2015年に軍艦島世界文化遺産にも登録され、それがより多くの人を引き付ける要因となりました。

ちなみに30号館ですが、未だ健在で、今もその姿をみることが出来ます。ただ、軍艦島の建物は自然崩壊したものも多く、この30号館もいつそうなるか、分かりません。今のうちに見ておくことをおススメします。

綱島駅の周辺開発で、坪単価が約40%も上昇

f:id:fudousanhikaku:20180821213717j:plain

東急東横線綱島駅周辺の坪単価が今、約40%もの上昇をしています。
なぜ急に4坪単価が40%も上昇したのでしょうか?
今回はその謎に迫ってみます。

綱島駅周辺には2つの再開発計画が進行中

綱島駅周辺には、現在、2つの再開発計画が進行中です。
まず、一つ目の再開発計画は、「新綱島駅(仮称)」の開業に伴う、東口前の大規模開発です。新綱島駅(仮称)は東横線相鉄線の直通駅になり、2022年の開業に向けて、工事が行われています。

もう一つの再開発計画は、綱島東4丁目の複合開発、「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」です。
ショッピングセンターやマンション、研究所など、複合的で大規模な開発が進められています。

綱島駅周辺の新築分譲マンションの相場が急激に上昇

鉄道計画や街の再開発は、相場に大きく影響すると言われています。
現に綱島駅周辺の新築分譲マンションの相場は急激に上昇しています。
綱島駅周辺の坪単価を再開発が行われる前と、行われた後で比較してみましょう。

2011年平均坪単価(万円) 188.7
2017年平均坪単価(万円) 264.5

2011年と比較すると、2017年の平均坪単価は+75.8万円、坪単価上昇率は約40%です。
東急東横線の他の駅の平均の坪単価上昇率が約19%なので、一際、綱島駅の注目度が高いことが分かります。

さらに坪単価は上昇するかも

「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」の再開発はほぼ終了しています。
一方、「新綱島駅(仮称)」の工事は依然として、行われています。
2022年の開業まで、この坪単価の上昇は続くと予想されます。
どこまで上昇するのか、今後も綱島駅から目が離せません。

「マンション」と「コンドミニアム」の違いがイマイチ分からないから調べてみた

f:id:fudousanhikaku:20180711221007j:plain

ハワイ不動産に関するサイトを何気なく見ていたら、「コンドミニアム」という言葉を何度も目にしました。このコンドミニアムという言葉、日本の不動産業界ではほとんど見かけることはありません。そのため、あまり気にかけてなかったのですが、試しにコンドミニアムというワードをgoogleにかけて、画像検索したら、なぜか日本でいうマンションと同じような外観の建物ばかりがヒットすることに気づきました。それを見て、「コンドミニアムとマンションの違いって何だろう?」と、素朴な疑問が生まれてきました。今回、いい機会なので、「マンション」と「コンドミニアム」の違いについて、調べてみました。

まずマンションの意味から考えてみましょう。実はマンションという言葉、ほぼ日本でしか通用しません。というのも、外国では、マンション=大邸宅という意味になってしまうからです。例えば、googleでmansionという言葉を画像検索にかけてみましょう。すると、見事に宮殿かと見間違えるような大邸宅ばかりがヒットします。

そこで今度はコンドミニアムの意味を考えて見ましょう。コンドミニアムは、主にアメリカ、カナダにおける、共同住宅という意味です。いわゆる、日本でいう分譲マンションと同じ意味です。賃貸ではなく、自分がその部屋の所有権を持っているマンションということです。

まとめると以下のようになります。

マンション=大邸宅
コンドミニアム=分譲マンション

つまり、日本のマンションという言葉の使われ方は、国際的に見たら間違って使われているということになります。本来は大邸宅という意味のマンションが、なぜか日本では、賃貸・分譲マンションに対して使われているということになります。

日本国内ではマンションという言葉の使われ方、特に気にする必要はありませんが、海外、特にアメリカに行った場合は、少し気を使った方がいいかもしれません。あらぬ誤解を相手に与えてしまうかもしれません。

東京都中央区で急激な人口増。一体なぜ?

f:id:fudousanhikaku:20180608145646j:plain

 東京都の中央区で今、急激な人口増が起こっています。中央区の人口推移をみると、昭和28年の172,183人のピークを境にして、どんどん減少し、平成9年には、71,806人まで落ち込みました。それが近年、状況が変化し、人口が急に増加傾向になり、2017年には15万人を超えました。

 昨今の中央区における人口増の原因は、東京一極集中によるマンション建設が進んだことと、2020年の東京オリンピック需要が考えられます。現在、地方から東京へと流入が続いている、東京一極集中が進行中で、それを見込んでの住人の受け皿として、中央区にはマンションがどんどん建設されています。特にタワーマンションの建設スピードはすさまじく、2015年と2016年だけで、供給戸数が3000戸超えたと、言われています。

 そして、2020年の東京オリンピックも大きな影響を与えています。東京オリンピックの選手村が中央区晴海に建設中ですが、東京オリンピック終了後は、マンションに転用される予定です。総戸数は、約5600戸と規模が大きく、一つの街が新たに誕生するといっても過言ではありません。

 ただ、短期間に中央区に人口が流入が進んだせいで、インフラが追い付いていないことが徐々に問題になってきました。現に中央区保育所は数が足りず、2017年には、待機児童が300人を超えているというデータがあります。中央区人口ピラミッドを見ると、25歳~49歳までの年代が大きな割合を占めています。これは子育てをしている、若い世代が数多くいることを示しています。人口ピラミッドだけ見ても、保育園不足になるのは容易に予想できそうです。

 また、駅や電車の混雑も問題になりつつあります。例えば、勝どき駅なんかは、駅周辺のタワーマンション乱立により、乗降客数がここ10年で4割も増えたそうです。

 中央区もさすがにこの現状にはマズイと思ったのか、人口を20万人以内に抑える対策を始めています。地方では人口不足でいかに人を増やすのに苦心している中、中央区は逆に人を減らすために苦心しているという、この全く正反対な状況を見て、なんとも言えない微妙な気持ちになりました。
 
 

混雑率188%!武蔵小杉駅の混雑回避に打つ手なしか。

f:id:fudousanhikaku:20180604163604j:plain

 毎年、住みたい街ランキングが発表されるたび、常に上位に位置する「武蔵小杉」。タワーマンションや大型商業施設が立ち並ぶ姿は、まさに武蔵小杉という街全体の勢いがあることを象徴しているかのようです。ますますの発展を遂げている、武蔵小杉ですが、ここにきて、一つ暗雲が立ち込めてきました。それは駅・電車の「混雑問題」です。

 武蔵小杉駅周辺には10本以上のタワーマンションが乱立しています。しかもその数は、年々増加傾向にあります。規模にもよりますが、タワーマンション1棟あたり、住人の数は2000人と言われています。それが10棟ですから、単純計算で、20000人が住んでいるということになります。武蔵小杉のタワーマンションの建設ラッシュがはじまったのはおおよそ、10年前くらいなので、短期間のうちに急に住人が増えたということを意味します。短期間にそれだけ多くの人が住むようになると、当然いろいろなところで問題が発生します。代表的なのが交通インフラです。

 当然、駅の周辺に人が増えれば増えるほど、駅・電車の混雑さは酷くなっていきます。ただ、武蔵小杉駅の場合は、近年、交通の要衝として、さらに重要度が増してしまったことも、駅・電車の混雑さに拍車をかけてしまったのではないでしょうか?

 武蔵小杉駅は、東急東横線南武線に加えて、横須賀線湘南新宿ライン目黒線など、新たな線が開通し、乗り換え目的で武蔵小杉駅を利用する人が増えてきたのです。例えば、南武線の電車が武蔵小杉駅についたら、電車から大量の乗客を吐き出します。その乗客がどこへ向かうのかというと、東横線横須賀線に向かいます。そうなると、ホームが人であふれかえり、地獄のような状況になるのは容易に予想できるのではないでしょうか?もちろん影響はホームだけでなく、電車の中にも及ぼします。2016年度の調査によると、武蔵小杉駅武蔵中原駅の間の混雑率はなんと、188%に達していることが判明しました。この数字は、首都圏のJRの中でも3番目の混雑です。

 当然、この混雑具合に対して、各鉄道業者にはクレーム殺到で、対策の要望の声が年々高まっています。しかし、依然として、各鉄道業者は、明確な解決策を提示出来ないままです。武蔵小杉駅周辺はすでに大型商業施設などで囲まれ、駅やホームの拡張にも限界があるからです。つまり、現時点では解決策は全くないということです。

 住みたい街ランキングの上位だからといって、武蔵小杉のメリットばかりに目を向けるのは後々後悔することになるかもしれません。武蔵小杉に住むということは、この交通インフラの混雑さに耐えることが必要になるからです。武蔵小杉に住むことを考得ている方は、一度平日の通勤ラッシュの時間帯に見学に行くことをおススメします。その状況を見て、改めて、考えてみることも悪くない選択肢かと思いますよ。

空き家対策にはどんな取り組みがあるのか?

f:id:fudousanhikaku:20180529232623j:plain

 日本で猛烈な勢いで「空き家」が増え続けていることを以前、こちらの記事で、書かせてもらいました。正直、打つ手なしという最悪な状況ですが、この状況に抗うかのように、空き家対策に取り組んでいる自治体や民間企業があります。今回は、そんな自治体や民間企業が行っている、空き家対策を紹介したいと思います。

自治体の空き家対策

 自治体の空き家対策で、最も有効なのが補助金です。空き家がなぜそのままの状態で放置されているのか、考えたことありますか?それは解体費用・維持費がかかることにあります。そこで自治体は、解体費用の一部を負担するための費用を助成しています。ただ、もし解体ではなく、空き家をそのまま活かす場合はどうでしょう?例えば、市民の憩いのスペースにしたり、児童館にするといったことです。ご安心ください。ちゃんと、空き家をそのまま活かすための、空き家活用の補助金もあります。「解体」、「活用」という、2本の柱が自治体の主な空き家対策になります。

民間企業の空き家対策

 空き家対策に取り組んでいるのは、何も自治体だけではありません。例えば、東急住宅リースが提供する、空き家対策サービスがあります。これは主に空き家を賃貸物件として、活かすときに活用されます。賃貸物件として、空き家を活用することは当然ながら高いハードルになります。そこで、東急住宅リースは以下のようなサービスを提供しています。

・修繕手配

・設備フリーメンテナンスサービス

・明け渡し保証

・退去立ち合い

・家賃保証サービス

 空き家をわざわざ借りる人は正直なかなかいないと思います。当然、空室のリスクも高くなるのが容易に予想できます。そんなとき役立つのは、家賃保証サービスです。これは空室時でも、賃料が保証されるサービスです。そのほか、注目なのが、設備フリーメンテナンスサービスで、これを利用すれば、空き家でしょっちゅう起こりうる、ちょっとした修繕費用の捻出をセーブすることが出来ます。

まとめ

 このように、自治体、民間企業も真剣に空き家対策に取り組んでいます。しかし、正直これらの対策が追い付かないほど、今、日本の空き家は増え続けています。そもそも空き家を生み出さないという、抜本的な対策が急がれます。

1万以下のヘッドホンなら、AKGの「K240 Studio」がおススメ

 新しくヘッドホンを購入しました。購入したヘッドホンは、AKGの「K240 Studio」というものです。なぜこのヘッドホンを購入したのかというと、今まで使っていたヘッドホンの側圧がキツく、音も聞き疲れを感じてしまったからです。ちなみに以前使っていたのは、DENONの「AH-D1100」です。値段の割には音質も悪くなく、コスパが素晴らしいヘッドホンで有名ですが、自分にとってはやや低音がキツク、なによりも側圧がキツクて、長時間使うと、痛みが生じるというのが、ちょっと合わなかったです。

 そこで、聞き疲れない音質、側圧がキツクない、そして1万円以下という、3つの条件のもと、ヘッドホン探しが始まりました。しかし、当然ながら、この3つの条件を満たすヘッドホンは、なかなか見つかりませんでした。そこで音響関係に詳しい、友人に相談することにしました。そこでおススメされたのが今回紹介する、AKGの「K240 Studio」です。友人曰く、1万以下のヘッドホンの中では音質は抜群に良いらしいです。しかも装着感もGOOD。自分もそれを聞いて、そんなメリットだらけのヘッドホンなんて存在するのかと、正直、疑心暗鬼の気持ちでした。しかし、インターネットで「K240 Studio」のレビューを検索してみると、驚くことに、好評だらけで不評がほとんど見つかりませんでした。レビューが良いのは確認できました。後は自分がどう感じるかです。そこで思い切って、試着することなく、実際に注文することにしました。

 注文したのはサウンドハウスで、価格は税込みで7,322円でした。サウンドハウスは、代引き手数料がなく、しかも代引きで注文すると、注文する時間帯によりますが、即日着くシステムがあります。ただし首都圏限定ですが。自分も朝5時くらいに注文したのですが、無事その日の夕方位に商品が届きました。

f:id:fudousanhikaku:20180525214315j:plain

 外箱です。もっと簡素な作りかと思ったのですが、意外と豪華な作りだったので、「これは期待できる!」と思いました。

f:id:fudousanhikaku:20180525214635j:plain

箱の中身はこんな感じです。付属品もほとんどなく、この辺りはシンプルだと感じました。

f:id:fudousanhikaku:20180522183449j:plain

 ヘッドホンはこんな感じです。まず第一印象は「デカっ!」と思いました。重量は重そうだと思ったので、不安でしたが、手にとって、その不安もすぐに解消されました。とにかく軽かったです。肝心の装着感ですが、側圧もほとんどなく、イヤーカップもデカく、耳がすっぽり入るので、快適そのものでした。ヘッドバンドも頭に装着するだけで、自動的に調整してくれるので、その辺りも非常に楽でした。

 音質ですが、流石モニターヘッドホンだけあって、フラットそのものです。高音が刺さりすぎることもなく、低音もキツ過ぎることもありませんでした。まさに聞き疲れない音そのものでした。本当に久々にいい買い物をしたな~と思いました。ただ、一つ欠点を上げるとしたら、外部の音がある程度、聞こえてしまうことです。実はこのヘッドホンは、セミオープン型なので、イヤーカップに穴が開いており、そこから外部の音が入り込んでしまいます。家の中なら問題ありませんが、電車の移動中に使うのはやめた方がいいかもしれませんね。ただ、家の中限定で使用するのであれば、パーフェクトな製品です。万人に自信をもっておススメできるヘッドホンです。

マンション管理人の作業着にうってつけ。スーツ型作業着「WORK WEAR SUIT」の紹介

f:id:fudousanhikaku:20180524205837j:plain

 マンションの管理人の服装といえば、この写真のような、作業着が主に使われています。ただ、作業着は、地味でしかも汚れが目立ちやすいので、どうしても清潔感に欠けてしまいます。そのため、嫌悪感を抱く、住民がいるのも、不思議ではありません。一番、ベストなやり方は、管理人の服装をスーツに統一することです。ただこれはあまりにも現実的ではありません。というのも管理人の仕事は、清掃や点検など、どうしても現場の仕事がメインになってしまうからです。それらの仕事をスーツで行うのはあまりにも酷な話です。というのも、スーツはそうした現場仕事を想定して、作られているわけではないので、とにかく動きづらいからです。もし、管理人がスーツという名の動きにくい服装を強いられた場合、その業務スピードは著しく落ちてしまうでしょう。

 そこで今、ある服装が注目されています。それがスーツ型作業着「WORK WEAR SUIT」です。まずは下の画像を見てください。

f:id:fudousanhikaku:20180524210738j:plain

引用:PRTIMES

 画像を見た限り、ぱっと見、スーツに見えるかと思います。実はこれ、スーツではなく、れっきとした作業着なのです。この作業着は、オアシスソリューション社という、水道工事メンテナンスを行っている会社のノウハウが活かされており、「スーツを作業着にする」という、コンセプトに基づいて作られています。防水・速乾・水洗い可・ストレッチ性などの作業着のメリットはそのままに、デザインだけスーツに見えるという代物です。これであれば、とっさの住民対応や来客対応でも、相手に嫌悪感を与えることがなくなります。さらに、作業着なので、現場仕事もやりやすいです。まさにスーツと作業着の良いとこ取りといった感じです。実際、この作業着は注目を浴びており、三菱地所コミュニティが管理するマンションでは、制服として順次採用される予定があるそうです。今後もこの作業着を採用する企業も増えそうな予感です。