魅力的なマンションの情報を収集するブログ

魅力的なマンションの情報を収集するブログ

魅力的マンションについての情報のメモ書きみたいなブログです。時には雑談も交えます。気楽にどうぞ!

不動産業界にも「VR」の波が押し寄せようとしている。

f:id:fudousanhikaku:20180518211812j:plain

 「VR」とは、virtual realityの略称で、直訳すると、「仮想現実」という意味になります。そんな「VR」ですが、現在、技術開発が猛烈なスピードで進行していることもあって、様々な分野で使われています。例えば代表的なのがゲームの分野です。「Playstation VR」という言葉、一度は聞いたことはあると思います。「Playstation VR」は、家庭用ゲーム機である、playstation4に接続するデバイスのことです。これを使用することで、「VR」に対応している、playstation4のゲームを遊ぶことが出来ます。筆者も友人の家で、ホラーゲームのバイオハザード7を「Playstation VR」で遊んでみたことがあるのですが、それはもう、凄まじい臨場感でした。まるで、自分の目の前にゾンビが襲ってくる感覚を味わうことが出来ました。プレーを終えたら、汗がダラダラ流れ、疲労感が半端なかったのを今でもはっきりと覚えています。

 そんな「VR」ですが、近年、不動産業界にもその波が押し寄せつつあります。例えば、ナーブ株式会社が提供しているサービス、「VR内見」です。内見は、物件に実際に足を運んでチェックすることを指しますが、「VR内見」は、これを「VR」上で実現してしまうというサービスです。これによって、物件を探している人は、わざわざ高い交通費と時間を浪費せずとも、「VR」上で内見出来てしまいます。

 その他、VRを活用した不動産サービスで有名なのは、KDDIの「VR不動産案内」です。このサービスによって、VR空間上で、まるで本物のクオリティの家具やキッチンなどが備え付けられた、物件の中を自由に見学できます。さらに「VR不動産案内」で凄いのは、髪や肌が本物の人間のような質感を持っている、バーチャルアテンダントの存在です。バーチャルアテンダントは、ただ、物件を案内するだけでなく、会話することも出来、交流を図ることも可能です。

 VR自体、まだまだ本格的な普及とは程遠い分野です。その理由としては、コストがかかる点が挙げられます。ただ、このコストの問題がクリアさえ出来れば、不動産業界も一気にVR化が進んでいくのではないでしょうか?

空き家って何が問題なの?

f:id:fudousanhikaku:20180517161815j:plain

 現在、日本では「空き家」の数が増えて、社会問題化しています。2018年現在、日本にある、空き家の数は、約1000万戸と言われています。その数は、2033年には、ほぼ倍の、2000万戸以上に増えるという予想もあります。しかし、残念ながら、この空き家問題について、多くの人は危機意識を持っていないのが現実です。というのも、空き家によって、何が問題になるか、把握していないからです。今回は、空き家の何が問題なのか、詳しく説明したいと思います。

周囲に危険をばら撒く

 空き家は人工物なので、自然に還ることはなく、長い間、原型を留めます。しかし、当然完全な形で、原型を留めることはなく、徐々に劣化していきます。その劣化によって、例えば、壁が崩れたり、屋根が落ちるといった問題が起きます。それらが敷地内で起きるのはまだしも、空き家の周囲にも危険をまき散らす可能性があります。たまたま空き家の周囲を歩いていたら、崩れた屋根の破片に当たってしまうなんてことも十分あり得ます。特に大地震などの大災害にあった場合は、その危険性は大きく高まっていきます。というのも、空き家は劣化しているので、かつてあった耐震性も失われているので、倒壊する可能性が極めて高くなるからです。

犯罪のリスク

 空き家は当然、中に人が住んでいません。そうなると、人が空き家の中に侵入するのも容易になります。最悪、不法占拠も出来てしまいます。また、空き家は人々の死角になるので、犯罪の温床になりかねません。例えば、殺人事件や、麻薬などの重犯罪が起こる可能性も十分あり得ます。また、空き家は放火犯のターゲットになりやすいです。放火によって、大火事になれば、その空き家の近隣にも2次被害をもたらす可能性もあります。つまり、空き家の存在によって、犯罪リスクが極めて高まってしまうのです。

エリア全体の資産価値の低下

 上記にあげた空き家のリスクによって、その空き家のあるエリア全体が危険とみなされる場合もあります。もしそうなってしまうと、そのエリア内にある、住宅の資産価値の低下を引き起こします。

まとめ

 このように空き家は大きな問題を周囲にもたらします。空き家はもはや他人事ではなく、地域社会全体の問題と言えます。一応は、2015年に施行された、「空家等対策の推進に関する特別措置法」、通称、「空き家法」によって、多少の改善は見られています。ただ、冒頭でもお話した通り、今後も空き家の数は増えていくことが予想されています。空き家に対する完璧な対策が急がされます。数十年後、自分の家の周りが空き家だらけという、恐ろしい未来が待ち構えているなんて、ゾッとします。

マンションの駐車場のタイプについて解説

f:id:fudousanhikaku:20180516144730j:plain

 車を所有している人にとっては、駐車場の存在は死活問題。しかし、駐車場と一口に言っても、様々なタイプがあるので、イマイチわかりづらいです。今回は、カーライフを左右する、マンションの駐車場のタイプについて、わかりやすく解説したいと思います。

 解説に入る前に、まず、マンションに併設される駐車場のタイプは、大きく分けて、「平置き駐車場」と「立体式駐車場」の2種類に分けることが出来ることを理解してください。まず、「平置き駐車場」について解説していきたいと思います。

平置き式駐車場

 平置き式駐車場は、決められたスペースの地面に、車をとめる方式の駐車場です。駐車場の中では、最もシンプルなタイプになります。おそらくですが、この平置き式駐車場を採用しているマンションは、日本のマンションの中ではかなりの割合を占めているのではないでしょうか?メリットとしては、とにかく楽という一点に尽きます。車の出し入れに面倒な要素がありません。デメリットは、当然屋根がなく、野ざらしなので、車が汚れやすいのと、防犯上の不安があることです。

立体式駐車場

 立体式駐車場は、何層かに駐車スペースが重なる方式の駐車場です。立体式駐車場は、「機械式駐車場」と「立体自走式駐車場」の2つに分かれます。

機械式駐車場

 機械式駐車場は、昇降機とパレットを用いて、機械的に車を出し入れする方式の駐車場です。メリットは、あまり場所をとらないので、設置が比較的容易なことです。また、駐車している車は、装置の中に格納されるので、防犯上に優れ、また、車が汚れにくいです。デメリットとしては、車の出し入れに時間がかかることです。

立体自走式駐車場

 車に乗ったまま、自分で立体駐車場の駐車スペースまで走行する方式の駐車場です。大型商業施設の駐車場によくあるタイプの駐車場になります。マンションの場合は、まれにマンションとは別の建物というパターンもありますが、地下や屋上に設置されるパターンが多いです。メリットとしては、基本は屋内なので、雨や風が強いといった、悪天候でも車の乗り入れが楽なことです。また、車も汚れにくいです。デメリットとしては、車高や車重に制限があることです。

まとめ

 駐車場には、このように様々なタイプがあります。もし、車を所有していて、新しくマンションを購入しようと考えているのなら、まずはそのマンションの駐車場のタイプがどういうタイプなのか、確認することから始めましょう。

「有明レガシーエリア」に作られる「プレミスト有明ガーデンズ」の概要が決定!

f:id:fudousanhikaku:20180515160234j:plain

引用:PRTIMES
 
 以前、こちらの記事で、有明レガシーエリア内に大型マンションが建築予定だと言及しました。今回、このマンションの概要が決まりましたので、改めて、マンションの詳細を調べてみようと思いました。

 有明レガシーエリアに出来るのは、大和ハウス工業株式会社分譲の「プレミスト有明ガーデンズ」です。地上15階建て、総戸数258戸です。販売は、2018年6月中旬から開始される予定となっています。

マンションの魅力その① 好立地

 「プレミスト有明ガーデンズ」は、ゆりかもめ、「有明テニスの森駅」徒歩2分、りんかい線、「国際展示場駅」徒歩10分で、2駅2路線を利用できます。東京駅、品川駅、羽田空港など、主要スポットへの移動も快適です。

マンションの魅力その② 生活利便性の高さ

  有明レガシーエリア内に出来るので、その恩恵をまともに受けることが出来ます。有明レガシーエリアには、2020年東京オリンピック関連のスポーツ施設だけでなく、ホテル、大型商業施設なども建築予定です。特に大型商業施設は、中にはスーパーや飲食店なども入る予定なので、生活利便性は間違いなく高いと言えそうです。

マンションの魅力その③ ヒュッゲの考えを取り入れた快適なレイアウト

 世界で一番幸福な国と言われている「デンマーク」で生まれたライフスタイル「ヒュッゲ」の考えを取り入れたレイアウトを採用しています。その代表が、2つの大きな庭と人々の交流を深める8つの空間です。それらの施設により、快適な暮らしを実現できます。

 現在、東京メトロ有楽町線都営大江戸線月島駅」の前に、「プレミスト有明ガーデンズ」のマンションギャラリーがオープンしています。もし興味があれば、足を運んでみてはいかがでしょうか?

「プレミスト有明ガーデンズ」概要

物件名称:「プレミスト有明ガーデンズ」
所在地:東京都江東区有明一丁目5番25(地番・従前地)
交通:東京臨海新交通臨海線ゆりかもめ)「有明テニスの森駅」徒歩2分、東京臨海高速鉄道りんかい線)「国際展示場駅」徒歩10分
敷地面積:6,213㎡
建築面積:2,488.58㎡
延床面積:23,442.5㎡
構造・階数:鉄筋コンクリート造 地上15階建
売主:大和ハウス工業株式会社(販売代理:三井不動産レジデンシャル株式会社)
設計・監理:株式会社長谷工コーポレーション
施工:株式会社長谷工コーポレーション
着工:2018年2月28日
販売開始:2018年6月中旬予定
竣工:2020年2月下旬予定
入居開始日:2020年3月下旬予定
総戸数:258戸 ※別途、管理事務室1戸・ゲストルーム2戸・キッチンスタジオ1戸・保育施設1区画
専有面積:55.90㎡~82.60㎡
間取り:2LDK、3LDK、4LDK
予定最多価格帯:6,500万円台~7,500万円台

近い将来、マンションの管理人が「外国人労働者」or「AI」にとってかわるかも

f:id:fudousanhikaku:20180514164129j:plain

 マンション管理人が今、全国的に人手不足な状況に陥っています。マンション管理人はもともと給与水準が低かったのですが、それでも応募に来る人は絶えませんでした。しかし、現在は空前の売り手市場です。給与水準が低い、マンションの管理人に応募する人が昔に比べて、圧倒的に少なくなってしまいました。それに加えて、今まで管理人の主な担い手だった人もどんどん定年を迎えており、次々と定年退職を迎えています。まさに弱り目に祟り目です。

 流石にこの状況にマズイと思ったのか、管理業界は、あわてて、マンション管理人の待遇改善に着手しました。具体的には、給与の見直し、定年の延長などです。しかし、この対策も付け焼刃に過ぎず、状況の好転には、あまり期待できません。

 そこで、この問題に対して、救世主となるのが、「外国人労働者」と「AI」です。外国人労働者にとっては、現在の管理人の給与水準に対して、マイナスと感じない可能性が高いです。外国人労働者にとっては、とにかく雇用の確保を優先としており、あまり給与水準に対して、関心を持っていない印象があるからです。現に給与水準が低い、介護業界にも外国人労働者が殺到しているという話も聞きます。

 そして、もう一つが「AI」、つまり人工知能です。実は、マンションには、すでにAIが導入されているケースがあります。こうした技術をマンションの管理に活用できないか、現在研究が進められています。※マンションにおける人口知能については、こちらの記事を参照

 いずれにしても、このまま管理人の担い手が減っていけば、将来的に、管理人がAIか外国人労働者にとって変わるかもしれません。もし、これらが実現された場合、戸惑うのはマンションの住人です。外国人差別をするわけではありませんが、外国人労働者の中には、当然、日本語能力に不安がある人がいるのは確かです。マンション管理人はコミュニケーションが重要な職種です。もし、日本語が堪能でない、外国人が管理人をやったら、果たして、マンションの管理は有効に働くのでしょうか?また、AIにしても、とっさの出来事に、うまく対応できるのか、不安もあります。とにかく、今願うのは、マンション管理人の人手不足が解消されることです。

入居までをサポートする、「住まいウォームアップサービス」ってなに?

f:id:fudousanhikaku:20180511200120j:plain

 マンションの入居までの時間って意外とソワソワするものです。楽しみという気持ちが半分、不安が半分といったところでしょうか?自分の場合も、入居までの時間は、気持ちがふわふわしていました。

 たとえば、予め、チェックはしてみたものの、新しく入居する部屋に自分の所有している家具は置けるのかだろうか?とか、設備はどうやって使うのだろうか?など、次々から次へと、疑問点が生まれ、不安がどんどん高まっていきました。しかもそれが入居が近くになるにつれて、酷くなっていきました。実際に入居してからは、そうした不安はなくなっていきましたが。

 そんな、入居までの時間のふわふわした気持ちを解消するサービスが実は存在しています。それは、大和ハウスグループの「住まいウォームアップサービス」です。

 「住まいウォームアップサービス」は、入居した後も「永く、キレイに、快適に」住むためのセミナーやイベントを開催し、安心して、新生活に移行できるようにサポートするサービスです。具体的なサービスは、以下のようになります。

・キッチン活用術メンテナンス講座

キッチンメーカー担当者がキッチンの活用術やメンテナンス方法について、指導します。

・個別インテリア相談

実際の部屋を使って、家具、カーテン、照明などを選定することが出来ます。

・アフターサービス説明会
入居後の「もしも」に備える、「すごしかたコンシェルジュ」「オーナーズサポート」といった、サービスについて詳しく説明してくれます。

・設備機器説明会
設備について、実物を見ながら、取り扱いを学ぶことが出来ます。

 現在、提供しているサービスは、上記の4つだけになりますが、今後もメニュー拡充の予定があるそうです。ただ、注意が必要なのが、このサービスを受けれるのは、2018年4月以降引き渡し予定のマンション・戸建てに限定されることです。

 「住まいウォームアップサービス」は、今までありそうでなかったサービスで、非常に画期的だと思います。自分のときも、もしこのサービスがあったのなら、不安も相当、解消できたのだろうなと思っています。このサービスを受けれる人がうらやましいです。

東横線祐天寺に新しい駅ビルが誕生!

f:id:fudousanhikaku:20180510221240j:plain

引用:PRTIMES

 東急東横線祐天寺駅といえば、渋谷駅まで3駅で、わずか7分という交通利便性の良さで知られています。周辺は、商店街、飲食店なども豊富で、さらに学校や公園も点在しているので、東急東横線沿線の中でも住みやすいと評判です。そんな祐天寺駅に地上6階建ての新しい駅ビルが誕生します。

 祐天寺のある、目黒区は、保育園が少ないことから、待機児童数の数が増えていることで問題となっており、祐天寺もまた例外ではありません。そこで、新しい駅ビルの中に、駅直結の保育園が出来ることになりました。これによって、祐天寺在住の子育て世代は、簡単に子供を預けることが出来るようになり、食住近接のライフスタイルを実現することが出来るようになります。

 その他、街の東西を結ぶ、自由通路や、高架下の店舗の整備も行われる予定で、一気に利便性が向上しそうです。ますます祐天寺の住みやすさは向上しそうです。

 

計画概要

敷地面 積: 約936㎡
延床面 積: 約1,999㎡
所 在 地: 東京都目黒区祐天寺2丁目13番3ほか
構 造 ・ 規 模: 鉄骨造 地上6階建て
用 途: 店舗・事務所・児童福祉施設(保育園)
開業予 定: 2018年秋
設 計 ・ 監 理: 株式会社東急設計コンサルタント
施 工: 清水建設株式会社
商環境デザイン: 株式会社丹青社
外観デザイン: LINE-INC.
乗降客 数: 1日あたり30,877人(2016年度)

引用:2018年秋、東横線祐天寺駅に新しい駅ビルが誕生します! 


 新しい駅ビルの誕生は、相場にも好影響を与えそうな予感です。そこで将来の比較の
ために、2018年5月現在の祐天寺駅周辺の相場状況を調べてみました。

AIが算出した相場によると、シングル向け(30㎡以下)の売買平米単価82.7万円、DINKS向け(31~60㎡)の売買平米単価81.4万円、ファミリー向け(61㎡以上)の売買平米単価85.0万円となります。2016年度の中古マンション成約状況は、平米単価75.61万円、価格3,543万円、専有面積46.86㎡、築年28.01年でした。成約平米単価は東急東横線の中で、やや高値で取引された駅になります。

引用:ふじたろう

 
 現段階でも、東急東横線沿線の中でも高めの相場となっています。新駅ビルの誕生によって、ますます相場が高くなりそうな予感です。今年の秋以降、祐天寺の相場がどうなっているのか、非常に楽しみです。

今、改めてタワーマンションのメリットについて考えてみる

f:id:fudousanhikaku:20180509191324j:plain

 都心を歩けば、だいたい一度は見ることになる、「タワーマンション」。一時期はリーマンショックや、2011年に起きた東日本大震災の影響によって、その売れ行きに陰りが見えていました。しかし、現在はそんな陰りなど、どこ吹く風といった感じで、売れ行きは絶好調です。特に有明や晴海などのいわゆる、湾岸エリアでは、2020年の東京オリンピックの会場や選手村が置かれることもあって、再開発が活発で、タワーマンションがどんどん作られています。

 しかし、なぜここまでタワーマンションは売れるのでしょうか?その値段や管理費の高さ、洗濯物がベランダに干せないといった、数々のデメリットがあるにも関わらず。きっと、これらのデメリットを打ち消すくらいのメリットがあるはず。今回は、純粋にタワーマンションのメリットを考えてみたいと思います。

 

メリットその1 眺望の良さ

 高さ60m、階数20階建て以上を満たしていると、一般的にはタワーマンション扱いされます。当然高さがあるので、その眺望も素晴らしいものがあります。もしタワーマンションが都心にあった場合、東京という大都会を見下ろしながら、遠くにある、富士山をも見渡せる、なんてことも可能になります。

メリットその2 充実した共用施設、サービス

 タワーマンションは当然規模も大きなものになるので、多くの共用施設を作れるスペースがあります。たとえば、屋上庭園、シアタールーム、ジムなどです。また、コンシェルジュも常駐しているケースも多く、例えば、荷物の受け渡しなどのサービスを受けることも出来ます。

メリットその3 災害に強い

 タワーマンションは、高層ということもあって、地震対策には力を入れています。制振ダンバーなど、充実した地震対策により、通常のマンションよりも地震が強いです。また、火災に対処するために、消防設備をチェックする防災センターを導入しているケースも多いです。

メリットその4 資産価値が落ちにくい

 タワーマンションは、立地や眺望もよく、おまけに共用施設、災害対策も充実しています。これだけの好条件が揃っているので、当然、資産価値が下がりにくいです。もし売却したいときも、高く売れる可能性が高いので、一安心です。

まとめ

 やはり、タワーマンションには、通常のマンションにはないメリットが存在します。ただ、冒頭に話した通り、管理費が高いなど、確実にデメリットが存在するのもまた事実です。タワーマンションのメリットとデメリットを見比べてみて、それでもメリットの方が魅力に映るのなら、タワーマンションの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

日本初のAI搭載マンション「LUXUDEAR 芝公園」が最先端過ぎる

f:id:fudousanhikaku:20180503223131p:plain

 AIという言葉、ご存知でしょうか?AIとは、Artificial Intelligenceの略称で、人口知能のことを指します。AI(人口知能)の定義は下記を参照してください。

人工知能とは、人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステム。具体的には、人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするコンピュータプログラムなどのことをいう

 実はこのAIを搭載したマンションが存在するんです。マンションの名前は、「LUXUDEAR 芝公園」。株式会社インヴァランスと、米国のベンチャー企業Brain of Things Inc.の共同開発で、マンションには、スマートホームAI「CASPAR(キャスパー)」が搭載されています。AIが搭載されたマンションは日本では初だそうです。

f:id:fudousanhikaku:20180503224503j:plain

引用:PRTIMES

 住居内には、スマートスピーカー、6in1センサー、ビジュアルセンサーの計3つの機能を集約した「スーパーセンサー」が設置されます。居住者は、スマートスピーカーから指示を与えることが出来ます。そして、スーパーセンサーから0.05秒毎にデータを収集し、居住者の情報をディープランニング、いわゆる深層学習します。

 これによって、居住者の癖を把握し、例えば、カーテン、エアコン、照明を自動制御します。つまり、AIによって、居住者の快適な空間が自動的に生み出されるというわけです。

 これを聞いて、ついに、マンションにもAIの波が訪れたのかと驚きました。よくドラえもんなんかで、タイムマシンで未来の世界に行くことがあります。そこでの未来の世界の住民の居住空間は、自動で制御され、快適そうだなと子供心に憧れを抱いていた記憶があります。それに似たようなことがついに現実に起こるなんて、感慨深いものがあります。

 ただ、この事例はまだ日本初で、データが全くありません。実験は繰り返されているのですが、実際に入居者を入れてみて、どうなのかという不安もあります。なので、実際に入居者を入れてみて、AIが有効に働いているのか、続報が知りたいですね。もし、有効に働いていたのならば、今後ますますマンションにAIの波が押し寄せてくる予感がします。将来が楽しみですね。

 

 

近年、都内で最も進化が激しい豊洲について

f:id:fudousanhikaku:20180426153852j:plain

 近年、都内で、最も進化の激しい街はどこでしょうか?この質問に対する回答で、おそらく、不動産関係者の多くは、間違いなく「豊洲」と答えるでしょう。というのも、豊洲はほんの数十年前は、造船所や工場が多数を占め、言葉は悪いですが、殺風景な場所でした。ところが今や、至るところでタワーマンションが乱立し、人影も圧倒的に増えました。その証拠に、2016年度に発表された、東京メトロ乗降客数ランキングを見てみましょう。なんと豊洲駅は、あの有楽町駅や日本橋駅といった、メジャーな駅を差し置いて、第9位に位置しています。それだけ人が増えたということです。

 しかも、豊洲はいまだに再開発計画が進行中です。いくつかの再開発計画が進行中ですが、中でも一番規模の大きいのは、「豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」でしょう。この計画は、三井不動産が携わっており、オフィス、商業施設、ホテルとバランス良く、ミックスされているのが特徴です。目玉になるのは、A練の33階~36階に説地される予定のホテルです。スカイロビーやビューバスなどか設けられ、東京湾岸エリアの大パノラマが楽しめるそうです。

 さらに豊洲で忘れてはいけないのが、築地から移転予定の豊洲市場と2020年の東京オリンピックでしょう。今築地市場の移転問題で大きく揺れていますが、もし豊洲に移転されたら、新たな観光名所になるのは間違いないでしょう。2020年の東京オリンピックでも、豊洲は大きな恩恵を受けます。豊洲は、各種競技が行われる有明と選手村のある晴海の間に挟まれる好立地という。観戦の拠点として、機能するからです。試合を観戦した後、豊洲でショッピング、グルメという流れが流行りそうな予感です。

 そんな豊洲ですが、マンションの状況はどうでしょうか?ここ10年に建築された豊洲のマンションを振り返ってみましょう。

 

・ザ豊洲タワー 

・シティタワーズ豊洲ザシンボル 

・スカイズタワー&ガーデン 

パークホームズ豊洲ザレジデンス

・オークプレイス豊洲

・シティタワーズ豊洲ザツイン

ベイズタワー&ガーデン

・パークタワー豊洲

 

 このうち、タワーマンションの定義である、階数20階以上と条件に絞ってみたのが下記です。

 

・シティタワーズ豊洲ザシンボル

・スカイズタワー&ガーデン

・シティタワーズ豊洲ザツイン

ベイズタワー&ガーデン

・ザ豊洲タワー

 

 やはり、近年の傾向として、豊洲に新築されるマンションのタイプは、タワーマンション型が多いようです。タワーマンションは、デベロッパーから見れば、ブランドの顔となる存在です。それがこれだけ豊洲にあるということは、デベロッパーにとって、この豊洲は、それだけ重要視しているエリアであるということを意味します。

 それでは相場はどうでしょうか?築年月が比較的新しい、スカイズタワー&ガーデンを例にとります。

スカイズタワー&ガーデンの価格相場※2018年4月現在

売買相場 5,178〜9,429万円

家賃相場 19〜35万円

引用:ふじたろう


つづいて、㎡単価の価格推移を見てみます。※2018年4月現在

f:id:fudousanhikaku:20180426164713p:plain

引用:ふじたろう


 緑色がスカイズタワー&ガーデンで、紫色が東京都の平均です。東京都の平均相場より、+30万円と圧倒的に高いです。傾向としては、緩やかに右肩上がりとなっています。やはり、2020年の東京オリンピック需要が影響しているものだと考えられます。再開発計画、豊洲新市場、そして、東京オリンピックと、今後も、豊洲にはビックイベントが目白押しです。ますます活気づく、豊洲がこれからどう変わっていくのか個人的にとても楽しみです。