魅力的なマンションの情報を収集するブログ

魅力的なマンションの情報を収集するブログ

魅力的マンションについての情報のメモ書きみたいなブログです。時には雑談も交えます。気楽にどうぞ!

東京都中央区で急激な人口増。一体なぜ?

f:id:fudousanhikaku:20180608145646j:plain

 東京都の中央区で今、急激な人口増が起こっています。中央区の人口推移をみると、昭和28年の172,183人のピークを境にして、どんどん減少し、平成9年には、71,806人まで落ち込みました。それが近年、状況が変化し、人口が急に増加傾向になり、2017年には15万人を超えました。

 昨今の中央区における人口増の原因は、東京一極集中によるマンション建設が進んだことと、2020年の東京オリンピック需要が考えられます。現在、地方から東京へと流入が続いている、東京一極集中が進行中で、それを見込んでの住人の受け皿として、中央区にはマンションがどんどん建設されています。特にタワーマンションの建設スピードはすさまじく、2015年と2016年だけで、供給戸数が3000戸超えたと、言われています。

 そして、2020年の東京オリンピックも大きな影響を与えています。東京オリンピックの選手村が中央区晴海に建設中ですが、東京オリンピック終了後は、マンションに転用される予定です。総戸数は、約5600戸と規模が大きく、一つの街が新たに誕生するといっても過言ではありません。

 ただ、短期間に中央区に人口が流入が進んだせいで、インフラが追い付いていないことが徐々に問題になってきました。現に中央区保育所は数が足りず、2017年には、待機児童が300人を超えているというデータがあります。中央区人口ピラミッドを見ると、25歳~49歳までの年代が大きな割合を占めています。これは子育てをしている、若い世代が数多くいることを示しています。人口ピラミッドだけ見ても、保育園不足になるのは容易に予想できそうです。

 また、駅や電車の混雑も問題になりつつあります。例えば、勝どき駅なんかは、駅周辺のタワーマンション乱立により、乗降客数がここ10年で4割も増えたそうです。

 中央区もさすがにこの現状にはマズイと思ったのか、人口を20万人以内に抑える対策を始めています。地方では人口不足でいかに人を増やすのに苦心している中、中央区は逆に人を減らすために苦心しているという、この全く正反対な状況を見て、なんとも言えない微妙な気持ちになりました。
 
 

混雑率188%!武蔵小杉駅の混雑回避に打つ手なしか。

f:id:fudousanhikaku:20180604163604j:plain

 毎年、住みたい街ランキングが発表されるたび、常に上位に位置する「武蔵小杉」。タワーマンションや大型商業施設が立ち並ぶ姿は、まさに武蔵小杉という街全体の勢いがあることを象徴しているかのようです。ますますの発展を遂げている、武蔵小杉ですが、ここにきて、一つ暗雲が立ち込めてきました。それは駅・電車の「混雑問題」です。

 武蔵小杉駅周辺には10本以上のタワーマンションが乱立しています。しかもその数は、年々増加傾向にあります。規模にもよりますが、タワーマンション1棟あたり、住人の数は2000人と言われています。それが10棟ですから、単純計算で、20000人が住んでいるということになります。武蔵小杉のタワーマンションの建設ラッシュがはじまったのはおおよそ、10年前くらいなので、短期間のうちに急に住人が増えたということを意味します。短期間にそれだけ多くの人が住むようになると、当然いろいろなところで問題が発生します。代表的なのが交通インフラです。

 当然、駅の周辺に人が増えれば増えるほど、駅・電車の混雑さは酷くなっていきます。ただ、武蔵小杉駅の場合は、近年、交通の要衝として、さらに重要度が増してしまったことも、駅・電車の混雑さに拍車をかけてしまったのではないでしょうか?

 武蔵小杉駅は、東急東横線南武線に加えて、横須賀線湘南新宿ライン目黒線など、新たな線が開通し、乗り換え目的で武蔵小杉駅を利用する人が増えてきたのです。例えば、南武線の電車が武蔵小杉駅についたら、電車から大量の乗客を吐き出します。その乗客がどこへ向かうのかというと、東横線横須賀線に向かいます。そうなると、ホームが人であふれかえり、地獄のような状況になるのは容易に予想できるのではないでしょうか?もちろん影響はホームだけでなく、電車の中にも及ぼします。2016年度の調査によると、武蔵小杉駅武蔵中原駅の間の混雑率はなんと、188%に達していることが判明しました。この数字は、首都圏のJRの中でも3番目の混雑です。

 当然、この混雑具合に対して、各鉄道業者にはクレーム殺到で、対策の要望の声が年々高まっています。しかし、依然として、各鉄道業者は、明確な解決策を提示出来ないままです。武蔵小杉駅周辺はすでに大型商業施設などで囲まれ、駅やホームの拡張にも限界があるからです。つまり、現時点では解決策は全くないということです。

 住みたい街ランキングの上位だからといって、武蔵小杉のメリットばかりに目を向けるのは後々後悔することになるかもしれません。武蔵小杉に住むということは、この交通インフラの混雑さに耐えることが必要になるからです。武蔵小杉に住むことを考得ている方は、一度平日の通勤ラッシュの時間帯に見学に行くことをおススメします。その状況を見て、改めて、考えてみることも悪くない選択肢かと思いますよ。

空き家対策にはどんな取り組みがあるのか?

f:id:fudousanhikaku:20180529232623j:plain

 日本で猛烈な勢いで「空き家」が増え続けていることを以前、こちらの記事で、書かせてもらいました。正直、打つ手なしという最悪な状況ですが、この状況に抗うかのように、空き家対策に取り組んでいる自治体や民間企業があります。今回は、そんな自治体や民間企業が行っている、空き家対策を紹介したいと思います。

自治体の空き家対策

 自治体の空き家対策で、最も有効なのが補助金です。空き家がなぜそのままの状態で放置されているのか、考えたことありますか?それは解体費用・維持費がかかることにあります。そこで自治体は、解体費用の一部を負担するための費用を助成しています。ただ、もし解体ではなく、空き家をそのまま活かす場合はどうでしょう?例えば、市民の憩いのスペースにしたり、児童館にするといったことです。ご安心ください。ちゃんと、空き家をそのまま活かすための、空き家活用の補助金もあります。「解体」、「活用」という、2本の柱が自治体の主な空き家対策になります。

民間企業の空き家対策

 空き家対策に取り組んでいるのは、何も自治体だけではありません。例えば、東急住宅リースが提供する、空き家対策サービスがあります。これは主に空き家を賃貸物件として、活かすときに活用されます。賃貸物件として、空き家を活用することは当然ながら高いハードルになります。そこで、東急住宅リースは以下のようなサービスを提供しています。

・修繕手配

・設備フリーメンテナンスサービス

・明け渡し保証

・退去立ち合い

・家賃保証サービス

 空き家をわざわざ借りる人は正直なかなかいないと思います。当然、空室のリスクも高くなるのが容易に予想できます。そんなとき役立つのは、家賃保証サービスです。これは空室時でも、賃料が保証されるサービスです。そのほか、注目なのが、設備フリーメンテナンスサービスで、これを利用すれば、空き家でしょっちゅう起こりうる、ちょっとした修繕費用の捻出をセーブすることが出来ます。

まとめ

 このように、自治体、民間企業も真剣に空き家対策に取り組んでいます。しかし、正直これらの対策が追い付かないほど、今、日本の空き家は増え続けています。そもそも空き家を生み出さないという、抜本的な対策が急がれます。

1万以下のヘッドホンなら、AKGの「K240 Studio」がおススメ

 新しくヘッドホンを購入しました。購入したヘッドホンは、AKGの「K240 Studio」というものです。なぜこのヘッドホンを購入したのかというと、今まで使っていたヘッドホンの側圧がキツく、音も聞き疲れを感じてしまったからです。ちなみに以前使っていたのは、DENONの「AH-D1100」です。値段の割には音質も悪くなく、コスパが素晴らしいヘッドホンで有名ですが、自分にとってはやや低音がキツク、なによりも側圧がキツクて、長時間使うと、痛みが生じるというのが、ちょっと合わなかったです。

 そこで、聞き疲れない音質、側圧がキツクない、そして1万円以下という、3つの条件のもと、ヘッドホン探しが始まりました。しかし、当然ながら、この3つの条件を満たすヘッドホンは、なかなか見つかりませんでした。そこで音響関係に詳しい、友人に相談することにしました。そこでおススメされたのが今回紹介する、AKGの「K240 Studio」です。友人曰く、1万以下のヘッドホンの中では音質は抜群に良いらしいです。しかも装着感もGOOD。自分もそれを聞いて、そんなメリットだらけのヘッドホンなんて存在するのかと、正直、疑心暗鬼の気持ちでした。しかし、インターネットで「K240 Studio」のレビューを検索してみると、驚くことに、好評だらけで不評がほとんど見つかりませんでした。レビューが良いのは確認できました。後は自分がどう感じるかです。そこで思い切って、試着することなく、実際に注文することにしました。

 注文したのはサウンドハウスで、価格は税込みで7,322円でした。サウンドハウスは、代引き手数料がなく、しかも代引きで注文すると、注文する時間帯によりますが、即日着くシステムがあります。ただし首都圏限定ですが。自分も朝5時くらいに注文したのですが、無事その日の夕方位に商品が届きました。

f:id:fudousanhikaku:20180525214315j:plain

 外箱です。もっと簡素な作りかと思ったのですが、意外と豪華な作りだったので、「これは期待できる!」と思いました。

f:id:fudousanhikaku:20180525214635j:plain

箱の中身はこんな感じです。付属品もほとんどなく、この辺りはシンプルだと感じました。

f:id:fudousanhikaku:20180522183449j:plain

 ヘッドホンはこんな感じです。まず第一印象は「デカっ!」と思いました。重量は重そうだと思ったので、不安でしたが、手にとって、その不安もすぐに解消されました。とにかく軽かったです。肝心の装着感ですが、側圧もほとんどなく、イヤーカップもデカく、耳がすっぽり入るので、快適そのものでした。ヘッドバンドも頭に装着するだけで、自動的に調整してくれるので、その辺りも非常に楽でした。

 音質ですが、流石モニターヘッドホンだけあって、フラットそのものです。高音が刺さりすぎることもなく、低音もキツ過ぎることもありませんでした。まさに聞き疲れない音そのものでした。本当に久々にいい買い物をしたな~と思いました。ただ、一つ欠点を上げるとしたら、外部の音がある程度、聞こえてしまうことです。実はこのヘッドホンは、セミオープン型なので、イヤーカップに穴が開いており、そこから外部の音が入り込んでしまいます。家の中なら問題ありませんが、電車の移動中に使うのはやめた方がいいかもしれませんね。ただ、家の中限定で使用するのであれば、パーフェクトな製品です。万人に自信をもっておススメできるヘッドホンです。

マンション管理人の作業着にうってつけ。スーツ型作業着「WORK WEAR SUIT」の紹介

f:id:fudousanhikaku:20180524205837j:plain

 マンションの管理人の服装といえば、この写真のような、作業着が主に使われています。ただ、作業着は、地味でしかも汚れが目立ちやすいので、どうしても清潔感に欠けてしまいます。そのため、嫌悪感を抱く、住民がいるのも、不思議ではありません。一番、ベストなやり方は、管理人の服装をスーツに統一することです。ただこれはあまりにも現実的ではありません。というのも管理人の仕事は、清掃や点検など、どうしても現場の仕事がメインになってしまうからです。それらの仕事をスーツで行うのはあまりにも酷な話です。というのも、スーツはそうした現場仕事を想定して、作られているわけではないので、とにかく動きづらいからです。もし、管理人がスーツという名の動きにくい服装を強いられた場合、その業務スピードは著しく落ちてしまうでしょう。

 そこで今、ある服装が注目されています。それがスーツ型作業着「WORK WEAR SUIT」です。まずは下の画像を見てください。

f:id:fudousanhikaku:20180524210738j:plain

引用:PRTIMES

 画像を見た限り、ぱっと見、スーツに見えるかと思います。実はこれ、スーツではなく、れっきとした作業着なのです。この作業着は、オアシスソリューション社という、水道工事メンテナンスを行っている会社のノウハウが活かされており、「スーツを作業着にする」という、コンセプトに基づいて作られています。防水・速乾・水洗い可・ストレッチ性などの作業着のメリットはそのままに、デザインだけスーツに見えるという代物です。これであれば、とっさの住民対応や来客対応でも、相手に嫌悪感を与えることがなくなります。さらに、作業着なので、現場仕事もやりやすいです。まさにスーツと作業着の良いとこ取りといった感じです。実際、この作業着は注目を浴びており、三菱地所コミュニティが管理するマンションでは、制服として順次採用される予定があるそうです。今後もこの作業着を採用する企業も増えそうな予感です。

不動産業界にも「VR」の波が押し寄せようとしている。

f:id:fudousanhikaku:20180518211812j:plain

 「VR」とは、virtual realityの略称で、直訳すると、「仮想現実」という意味になります。そんな「VR」ですが、現在、技術開発が猛烈なスピードで進行していることもあって、様々な分野で使われています。例えば代表的なのがゲームの分野です。「Playstation VR」という言葉、一度は聞いたことはあると思います。「Playstation VR」は、家庭用ゲーム機である、playstation4に接続するデバイスのことです。これを使用することで、「VR」に対応している、playstation4のゲームを遊ぶことが出来ます。筆者も友人の家で、ホラーゲームのバイオハザード7を「Playstation VR」で遊んでみたことがあるのですが、それはもう、凄まじい臨場感でした。まるで、自分の目の前にゾンビが襲ってくる感覚を味わうことが出来ました。プレーを終えたら、汗がダラダラ流れ、疲労感が半端なかったのを今でもはっきりと覚えています。

 そんな「VR」ですが、近年、不動産業界にもその波が押し寄せつつあります。例えば、ナーブ株式会社が提供しているサービス、「VR内見」です。内見は、物件に実際に足を運んでチェックすることを指しますが、「VR内見」は、これを「VR」上で実現してしまうというサービスです。これによって、物件を探している人は、わざわざ高い交通費と時間を浪費せずとも、「VR」上で内見出来てしまいます。

 その他、VRを活用した不動産サービスで有名なのは、KDDIの「VR不動産案内」です。このサービスによって、VR空間上で、まるで本物のクオリティの家具やキッチンなどが備え付けられた、物件の中を自由に見学できます。さらに「VR不動産案内」で凄いのは、髪や肌が本物の人間のような質感を持っている、バーチャルアテンダントの存在です。バーチャルアテンダントは、ただ、物件を案内するだけでなく、会話することも出来、交流を図ることも可能です。

 VR自体、まだまだ本格的な普及とは程遠い分野です。その理由としては、コストがかかる点が挙げられます。ただ、このコストの問題がクリアさえ出来れば、不動産業界も一気にVR化が進んでいくのではないでしょうか?

空き家って何が問題なの?

f:id:fudousanhikaku:20180517161815j:plain

 現在、日本では「空き家」の数が増えて、社会問題化しています。2018年現在、日本にある、空き家の数は、約1000万戸と言われています。その数は、2033年には、ほぼ倍の、2000万戸以上に増えるという予想もあります。しかし、残念ながら、この空き家問題について、多くの人は危機意識を持っていないのが現実です。というのも、空き家によって、何が問題になるか、把握していないからです。今回は、空き家の何が問題なのか、詳しく説明したいと思います。

周囲に危険をばら撒く

 空き家は人工物なので、自然に還ることはなく、長い間、原型を留めます。しかし、当然完全な形で、原型を留めることはなく、徐々に劣化していきます。その劣化によって、例えば、壁が崩れたり、屋根が落ちるといった問題が起きます。それらが敷地内で起きるのはまだしも、空き家の周囲にも危険をまき散らす可能性があります。たまたま空き家の周囲を歩いていたら、崩れた屋根の破片に当たってしまうなんてことも十分あり得ます。特に大地震などの大災害にあった場合は、その危険性は大きく高まっていきます。というのも、空き家は劣化しているので、かつてあった耐震性も失われているので、倒壊する可能性が極めて高くなるからです。

犯罪のリスク

 空き家は当然、中に人が住んでいません。そうなると、人が空き家の中に侵入するのも容易になります。最悪、不法占拠も出来てしまいます。また、空き家は人々の死角になるので、犯罪の温床になりかねません。例えば、殺人事件や、麻薬などの重犯罪が起こる可能性も十分あり得ます。また、空き家は放火犯のターゲットになりやすいです。放火によって、大火事になれば、その空き家の近隣にも2次被害をもたらす可能性もあります。つまり、空き家の存在によって、犯罪リスクが極めて高まってしまうのです。

エリア全体の資産価値の低下

 上記にあげた空き家のリスクによって、その空き家のあるエリア全体が危険とみなされる場合もあります。もしそうなってしまうと、そのエリア内にある、住宅の資産価値の低下を引き起こします。

まとめ

 このように空き家は大きな問題を周囲にもたらします。空き家はもはや他人事ではなく、地域社会全体の問題と言えます。一応は、2015年に施行された、「空家等対策の推進に関する特別措置法」、通称、「空き家法」によって、多少の改善は見られています。ただ、冒頭でもお話した通り、今後も空き家の数は増えていくことが予想されています。空き家に対する完璧な対策が急がされます。数十年後、自分の家の周りが空き家だらけという、恐ろしい未来が待ち構えているなんて、ゾッとします。

マンションの駐車場のタイプについて解説

f:id:fudousanhikaku:20180516144730j:plain

 車を所有している人にとっては、駐車場の存在は死活問題。しかし、駐車場と一口に言っても、様々なタイプがあるので、イマイチわかりづらいです。今回は、カーライフを左右する、マンションの駐車場のタイプについて、わかりやすく解説したいと思います。

 解説に入る前に、まず、マンションに併設される駐車場のタイプは、大きく分けて、「平置き駐車場」と「立体式駐車場」の2種類に分けることが出来ることを理解してください。まず、「平置き駐車場」について解説していきたいと思います。

平置き式駐車場

 平置き式駐車場は、決められたスペースの地面に、車をとめる方式の駐車場です。駐車場の中では、最もシンプルなタイプになります。おそらくですが、この平置き式駐車場を採用しているマンションは、日本のマンションの中ではかなりの割合を占めているのではないでしょうか?メリットとしては、とにかく楽という一点に尽きます。車の出し入れに面倒な要素がありません。デメリットは、当然屋根がなく、野ざらしなので、車が汚れやすいのと、防犯上の不安があることです。

立体式駐車場

 立体式駐車場は、何層かに駐車スペースが重なる方式の駐車場です。立体式駐車場は、「機械式駐車場」と「立体自走式駐車場」の2つに分かれます。

機械式駐車場

 機械式駐車場は、昇降機とパレットを用いて、機械的に車を出し入れする方式の駐車場です。メリットは、あまり場所をとらないので、設置が比較的容易なことです。また、駐車している車は、装置の中に格納されるので、防犯上に優れ、また、車が汚れにくいです。デメリットとしては、車の出し入れに時間がかかることです。

立体自走式駐車場

 車に乗ったまま、自分で立体駐車場の駐車スペースまで走行する方式の駐車場です。大型商業施設の駐車場によくあるタイプの駐車場になります。マンションの場合は、まれにマンションとは別の建物というパターンもありますが、地下や屋上に設置されるパターンが多いです。メリットとしては、基本は屋内なので、雨や風が強いといった、悪天候でも車の乗り入れが楽なことです。また、車も汚れにくいです。デメリットとしては、車高や車重に制限があることです。

まとめ

 駐車場には、このように様々なタイプがあります。もし、車を所有していて、新しくマンションを購入しようと考えているのなら、まずはそのマンションの駐車場のタイプがどういうタイプなのか、確認することから始めましょう。

「有明レガシーエリア」に作られる「プレミスト有明ガーデンズ」の概要が決定!

f:id:fudousanhikaku:20180515160234j:plain

引用:PRTIMES
 
 以前、こちらの記事で、有明レガシーエリア内に大型マンションが建築予定だと言及しました。今回、このマンションの概要が決まりましたので、改めて、マンションの詳細を調べてみようと思いました。

 有明レガシーエリアに出来るのは、大和ハウス工業株式会社分譲の「プレミスト有明ガーデンズ」です。地上15階建て、総戸数258戸です。販売は、2018年6月中旬から開始される予定となっています。

マンションの魅力その① 好立地

 「プレミスト有明ガーデンズ」は、ゆりかもめ、「有明テニスの森駅」徒歩2分、りんかい線、「国際展示場駅」徒歩10分で、2駅2路線を利用できます。東京駅、品川駅、羽田空港など、主要スポットへの移動も快適です。

マンションの魅力その② 生活利便性の高さ

  有明レガシーエリア内に出来るので、その恩恵をまともに受けることが出来ます。有明レガシーエリアには、2020年東京オリンピック関連のスポーツ施設だけでなく、ホテル、大型商業施設なども建築予定です。特に大型商業施設は、中にはスーパーや飲食店なども入る予定なので、生活利便性は間違いなく高いと言えそうです。

マンションの魅力その③ ヒュッゲの考えを取り入れた快適なレイアウト

 世界で一番幸福な国と言われている「デンマーク」で生まれたライフスタイル「ヒュッゲ」の考えを取り入れたレイアウトを採用しています。その代表が、2つの大きな庭と人々の交流を深める8つの空間です。それらの施設により、快適な暮らしを実現できます。

 現在、東京メトロ有楽町線都営大江戸線月島駅」の前に、「プレミスト有明ガーデンズ」のマンションギャラリーがオープンしています。もし興味があれば、足を運んでみてはいかがでしょうか?

「プレミスト有明ガーデンズ」概要

物件名称:「プレミスト有明ガーデンズ」
所在地:東京都江東区有明一丁目5番25(地番・従前地)
交通:東京臨海新交通臨海線ゆりかもめ)「有明テニスの森駅」徒歩2分、東京臨海高速鉄道りんかい線)「国際展示場駅」徒歩10分
敷地面積:6,213㎡
建築面積:2,488.58㎡
延床面積:23,442.5㎡
構造・階数:鉄筋コンクリート造 地上15階建
売主:大和ハウス工業株式会社(販売代理:三井不動産レジデンシャル株式会社)
設計・監理:株式会社長谷工コーポレーション
施工:株式会社長谷工コーポレーション
着工:2018年2月28日
販売開始:2018年6月中旬予定
竣工:2020年2月下旬予定
入居開始日:2020年3月下旬予定
総戸数:258戸 ※別途、管理事務室1戸・ゲストルーム2戸・キッチンスタジオ1戸・保育施設1区画
専有面積:55.90㎡~82.60㎡
間取り:2LDK、3LDK、4LDK
予定最多価格帯:6,500万円台~7,500万円台

近い将来、マンションの管理人が「外国人労働者」or「AI」にとってかわるかも

f:id:fudousanhikaku:20180514164129j:plain

 マンション管理人が今、全国的に人手不足な状況に陥っています。マンション管理人はもともと給与水準が低かったのですが、それでも応募に来る人は絶えませんでした。しかし、現在は空前の売り手市場です。給与水準が低い、マンションの管理人に応募する人が昔に比べて、圧倒的に少なくなってしまいました。それに加えて、今まで管理人の主な担い手だった人もどんどん定年を迎えており、次々と定年退職を迎えています。まさに弱り目に祟り目です。

 流石にこの状況にマズイと思ったのか、管理業界は、あわてて、マンション管理人の待遇改善に着手しました。具体的には、給与の見直し、定年の延長などです。しかし、この対策も付け焼刃に過ぎず、状況の好転には、あまり期待できません。

 そこで、この問題に対して、救世主となるのが、「外国人労働者」と「AI」です。外国人労働者にとっては、現在の管理人の給与水準に対して、マイナスと感じない可能性が高いです。外国人労働者にとっては、とにかく雇用の確保を優先としており、あまり給与水準に対して、関心を持っていない印象があるからです。現に給与水準が低い、介護業界にも外国人労働者が殺到しているという話も聞きます。

 そして、もう一つが「AI」、つまり人工知能です。実は、マンションには、すでにAIが導入されているケースがあります。こうした技術をマンションの管理に活用できないか、現在研究が進められています。※マンションにおける人口知能については、こちらの記事を参照

 いずれにしても、このまま管理人の担い手が減っていけば、将来的に、管理人がAIか外国人労働者にとって変わるかもしれません。もし、これらが実現された場合、戸惑うのはマンションの住人です。外国人差別をするわけではありませんが、外国人労働者の中には、当然、日本語能力に不安がある人がいるのは確かです。マンション管理人はコミュニケーションが重要な職種です。もし、日本語が堪能でない、外国人が管理人をやったら、果たして、マンションの管理は有効に働くのでしょうか?また、AIにしても、とっさの出来事に、うまく対応できるのか、不安もあります。とにかく、今願うのは、マンション管理人の人手不足が解消されることです。