魅力的なマンションの情報を収集するブログ

魅力的なマンションの情報を収集するブログ

魅力的マンションについての情報のメモ書きみたいなブログです。時には雑談も交えます。気楽にどうぞ!

「相鉄・JR直通線」と「相鉄・東急直通線」ってどんな線なの?

f:id:fudousanhikaku:20180423212828j:plain

 今、横浜市では、「神奈川東部方面線」という、大規模な鉄道路線工事が行われています。この「神奈川東部方面線」は、「相鉄・JR直通線」と「相鉄・東急直通線」という、2つの線をひとまとめにした呼称です。

 「相鉄・JR直通線」は、相鉄西谷駅から横浜羽沢駅までを結ぶ線です。一方、「相鉄・東急直通線」は、横浜羽沢駅から日吉駅を結ぶ線です。「相鉄・JR直通線」と「相鉄・東急直通線」はそれぞれ相互に結ばれ、いわば一つの線という認識で問題ないと思います。「相鉄・JR直通線」は、2018年度内から2019年3月末までに完成予定で、「相鉄・東急直通線」は、2022年に完成予定となっています。つまり、「相鉄・JR直通線」だけ、相当先に開通するということを意味します。

 この線の完成によってどういうメリットがあるのでしょうか?一言でいえば、相鉄線沿線に住んでいる人が大きなメリットを受けます。今までは、都心へ通勤・通学している人は、必ず横浜駅を経由する必要がありました。それが、この新しい線の開通によって、横浜駅を経由せずに直接都心に行くことが可能になるのです。例えば、二俣駅から目黒駅までは、今までだと54分かかります。一方、新線開通後は、38分と大幅に短縮されます。乗り換えも一切不要になるので、電車の移動のストレスも大幅に軽減されるでしょう。

 もちろんこのメリットが受けられるのは、相鉄線沿線に住んでいる人たちだけではありません。実は、綱島駅周辺に住んでいる人にも大きなメリットがあります。今、綱島駅は新駅の建設などで駅周辺が再開発の真っ最中です。従来の綱島駅は全体的に狭い道も多いこともあり、かなり不便を感じました。それが再開発で綺麗に整備され、それらの不便もある程度、解消される予定です。さらに、綱島駅は、従来の東急東横線に加え、「相鉄・東急直通線」も通るので、2駅使えるようになります。2駅使えるということは、利便性だけでなく、綱島駅周辺の価値を大きく向上することを意味します。隣駅の日吉駅通勤特急が止まることもあって、何かと差をつけられる一方の綱島駅ですが、ようやく反撃の狼煙があがったという感じです。今後の綱島駅周辺のマンションの相場がどう推移していくのか、非常に楽しみです。