魅力的なマンションの情報を収集するブログ

魅力的なマンションの情報を収集するブログ

魅力的マンションについての情報のメモ書きみたいなブログです。時には雑談も交えます。気楽にどうぞ!

マンションの駐車場のタイプについて解説

f:id:fudousanhikaku:20180516144730j:plain

 車を所有している人にとっては、駐車場の存在は死活問題。しかし、駐車場と一口に言っても、様々なタイプがあるので、イマイチわかりづらいです。今回は、カーライフを左右する、マンションの駐車場のタイプについて、わかりやすく解説したいと思います。

 解説に入る前に、まず、マンションに併設される駐車場のタイプは、大きく分けて、「平置き駐車場」と「立体式駐車場」の2種類に分けることが出来ることを理解してください。まず、「平置き駐車場」について解説していきたいと思います。

平置き式駐車場

 平置き式駐車場は、決められたスペースの地面に、車をとめる方式の駐車場です。駐車場の中では、最もシンプルなタイプになります。おそらくですが、この平置き式駐車場を採用しているマンションは、日本のマンションの中ではかなりの割合を占めているのではないでしょうか?メリットとしては、とにかく楽という一点に尽きます。車の出し入れに面倒な要素がありません。デメリットは、当然屋根がなく、野ざらしなので、車が汚れやすいのと、防犯上の不安があることです。

立体式駐車場

 立体式駐車場は、何層かに駐車スペースが重なる方式の駐車場です。立体式駐車場は、「機械式駐車場」と「立体自走式駐車場」の2つに分かれます。

機械式駐車場

 機械式駐車場は、昇降機とパレットを用いて、機械的に車を出し入れする方式の駐車場です。メリットは、あまり場所をとらないので、設置が比較的容易なことです。また、駐車している車は、装置の中に格納されるので、防犯上に優れ、また、車が汚れにくいです。デメリットとしては、車の出し入れに時間がかかることです。

立体自走式駐車場

 車に乗ったまま、自分で立体駐車場の駐車スペースまで走行する方式の駐車場です。大型商業施設の駐車場によくあるタイプの駐車場になります。マンションの場合は、まれにマンションとは別の建物というパターンもありますが、地下や屋上に設置されるパターンが多いです。メリットとしては、基本は屋内なので、雨や風が強いといった、悪天候でも車の乗り入れが楽なことです。また、車も汚れにくいです。デメリットとしては、車高や車重に制限があることです。

まとめ

 駐車場には、このように様々なタイプがあります。もし、車を所有していて、新しくマンションを購入しようと考えているのなら、まずはそのマンションの駐車場のタイプがどういうタイプなのか、確認することから始めましょう。