魅力的なマンションの情報を収集するブログ

魅力的なマンションの情報を収集するブログ

魅力的なマンションについての情報のメモ書きみたいなブログです。時には雑談も交えます。気楽にどうぞ!

日本を代表するビンテージマンション、「広尾ガーデンヒルズ」の紹介

https://d1and0b9c844k0.cloudfront.net/attachments/6b6e6ccef9a4dd8d86b34625f031999352817e50/store/limit/720/540/1b013c9b1797e0fa6df1d46678c421bbeeb20c4ff220ca42fe46e76df3f3/%E5%BA%83%E5%B0%BE%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%92%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%92%E3%83%AB%28A%E3%80%9CC%E6%A3%9F%29%E3%81%AE%E5%A4%96%E8%A6%B3.jpg
画像引用先:
マンションマーケット 

一般的にマンションは築年数を重ねるごとに、価値が下がっていくと言われています。しかし、マンションの中には、その法則を無視するものもあります。それは「ビンテージマンション」です。

ビンテージとは、日本語に訳すと、「年代物」です。アンティーク家具を思い浮かべてください。アンティーク家具も年代物ですが、決して価値が低いとは思わないでしょう。それはマンションにも当てはまります。

ただ、マンションの場合、無条件にただ、年月を重ねても、ビンテージマンションとしての価値は生まれてこないケースも多いです。一般的にビンテージマンションとして価値が認められるケースは以下のような条件だと言われています。

・年月が10年以上たっていること
・デザイン性が高い
・アクセスが優れている
・メンテナンスが行き届いている

これらの条件を満たして、初めてビンテージマンションとして認められるのです。これらの厳しい条件のためか、ビンテージマンションはあまり数はそう多くないと言えるかもしれません。

代表的なビンテージマンションとしては、人によって意見は違うかと思いますが、自分は「広尾ガーデンヒルズ」をまず思い浮かべます。なぜ「広尾ガーデンヒルズ」なのか?それは上で上げた条件をすべて満たすだけでなく、他を圧倒する規模だからです。

広尾ガーデンヒルズ」は、1983年から1986年にかけて、東京の広尾駅から徒歩4分のところにあります。「日本のマンションのあり方を変えたい」というキャッチフレーズの元、立ち上がったプロジェクトなので気合の入り方がうかがえます。なんせ、総棟数15棟・総戸数1130戸という大規模なものですから。おそらくはこの規模を誇るビンテージマンションはこの「広尾ガーデンヒルズ」以外はないかと思います。また、管理も24時間体制で働き、施設内には警備員が常駐しているので、治安の面でも安全です。

そんな「広尾ガーデンヒルズ」の相場はどうでしょうか?気になりますよね。今回はふじたろうというサイトを参考にして調べてみました。

広尾ガーデンヒルズF棟

参考相場価格 19,950 ~28,350万円
平均平米価格 150.7 ~166.6 万円/㎡

なんと相場は、1億どころか2億超えです。流石、日本を代表とするビンテージマンションですね。ビンテージマンションはアンティーク家具と同じで、いくら年月が経っていても、価値が落ちにくいものなんだと改めて実感しました。